2019年6月10日(月)24時をもちまして、配送および決済サービスの受付を終了いたしました。

店舗受取サービスは継続しております。詳細はこちらから

防カビ・除湿特集

関連するカテゴリ:

防カビ・除湿特集

水気の多いお風呂や湿度の多い時期に悩まされるカビ
適した環境におかれたときの増殖がすさまじく、少しであっても
そのままにしておくと、完全に取りきるのは難しいほどひどくなります。
賃貸では致命的ですね。
カビ用洗剤だからと、なんとなく使っていただけでは取りきれず、掃除も大変です。
一般的にカビは高温(熱湯)に弱く、湿度60%を下回るとかなり抑制できると言われています。
汗かきな私は、湿度50%台後半やそれ以上になると不快度もかなり上がるので、夏場は特に除湿機があると冷房も控えめにできるので、カビ予防とダブルでオススメです。
カビの弱点と、効果的な洗剤選びや、効果的な使い方で、楽に守りましょう!

≫ケルヒャーのスチームクリーナーのアクセサリーなどはこちら≪

カビは高温に弱い

カビは寒さには強く、生育が遅くなるだけで、冷凍しても死滅しません。
逆に人間の体温以上になると生えにくくなり、
一般的に死滅まで100度で10秒程、温度が下がると時間長くなります。
シャワーでやけどするほどの高温が出る場合は使えますが、沸かした熱湯やスチームクリーナーなどで100度近くの高温で、瞬間的にやっつけていくのが早いですね。
カビとり・カビ予防にオススメです!

お風呂のカビとりの定番!塩素系漂白剤

塩素系漂白剤は乾燥に弱いのでラップを、浸透タイプは流れやすいのでそれに加えてキッチンペーパーなどの併用がオススメ。
換気を十分にすることと、酸性の洗剤や酢やアルコールを混ぜると危険なので注意が必要です。
カビトルンデスPROはジェルタイプで流れることなく強力に効いてくれる今注目のアイテムです。

安全性重視で強力なものなら過炭酸ナトリウム系がオススメ

過炭酸ナトリウムは炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)と過酸化水素が 2:3 の割合で配合してできたものです。
過炭酸ナトリウム pH10.5
セスキ炭酸ソーダ pH9.8
炭酸水素ナトリウム(重曹)pH8.4
重曹やセスキ炭酸ソーダが話題に上がりますが、ちょっと弱いなという印象がある方はコレです!

40~50度くらいのお湯で効果が最大になります。
カビとりにはペイスト状にして使います。これもラップをすることでさらに効果がUP!

衣類の洗剤としてもちろん洗濯槽の掃除にも使えてなにかと便利♪

漂白剤等の効果を高める、キッチンペーパーやラップ

乾燥を防ぐ為にラップを、流れるのを防ぐ為にキッチンペーパーを使って効果をUPさせましょう。
ラップは45cmの通常の1.5倍幅でなら作業性もUP、無駄なつなぎ目の重ね部分も減るので、掃除用に1本くらい買っておくのもよいかもしれません。

しっかりカビを取ったら、あとは簡単に予防しよう♪

お風呂場やまな板など発生しやすい所には、週一で定期的に熱湯やスチームクリーナーなどで高温を当てた後に、エタノール(アルコール)で完璧!
掃除もちゃんとしていれば養分もなくなるので、そうそうカビは生えなくなります。

エタノール(アルコール)単体では漂白効果がありませんが、予防には最適。キッチンでも安心して使えます。ちなみに似てる名前で危険なのはメタノール、燃料で使われます。

除菌効果が付加された風呂用洗剤もお風呂洗いと一緒にできて手軽ですね。

水滴を取り除いてカビを予防しよう!

除湿で増殖を抑えよう

【湿度計】
カビが増殖しやすくなる湿度60%を下回るようにしましょう。
不快指数も下がるので、気持よく過ごせますね。

雨の日は外の湿気を極力入れないように、晴れて空気が乾いたタイミングで空気を循環させましょう。部屋がジメジメしてるからと雨の日も換気扇を回すのは逆効果です。

湿度計があると除湿機やエアコンを必要な時だけ動かせるので節電にオススメです。

【除湿機・乾燥機】
部屋干しはカビの原因、洗濯物自体も菌の増殖で臭い原因になるので、避けるか除湿機などを使用したほうが良いです。
除湿機はコンプレッサー式とデシカント式があり目的に合わせて選びましょう。

コンプレッサー式は高温時の除湿能力に優れ、発熱や消費電力が少なく夏場に最適です。
デシカント式は低温時でも除湿能力が高く、オールシーズン除湿ができて、部屋干しが多い方にピッタリな除湿機です。ちなみにエアコンはコンプレッサー式です。

【エアコンの除湿】
エアコンの除湿・冷房を使う場合は、エアコンの中にカビが生えやすくなりますので、エアコンの洗浄スプレーでのメンテナンスをしっかりやりましょう。
除湿機は使用後タンクの水を捨てて、入れっぱなしにしないようにしましょう。

【湿度を逃がす】
空気が淀んだ所には湿気が溜まりやすく、扇風機やサーキュレーターなどで空気を循環させたり、スノコなどを活用しましょう。

【除湿材】
クローゼットや下駄箱、シンク下、洗面台の棚の中など空気が循環させにくい所は定番の除湿剤。
日付を書いておくと、無駄や足りない部分の把握ができて便利です。
水が溜まってくると明らかに除湿能力が落ちるので、気になる所は早めの交換がオススメです。
カビストッパーはシリカゲルタイプで再加熱しない場合より長く使え、使用後も肥料として使えますので、試した事がない人は是非!

すき間用

衣類・クローゼット用

靴・靴箱用

布団用

家の外壁

床下も注意!

床下の土にもカビが生えますし、そんな状況だと白アリの被害に遭う可能性も高くなります。
というか、うちはなってました(~_~;)

畳が平らじゃないなという場合は、バールを畳の間に差し込んで起こし、荒床の釘を抜けば、床下が確認できますので点検をオススメします。洋間は床下点検口や床下収納庫があれば簡単に床下へ入れます。最近は別建物の酷い写真を見せて騙すような悪質なリフォーム業者もいるので、自分で覗いてみるもの良いと思います。

今回は調湿効果のあるゼオライトや木炭をご紹介いたします。
木炭は手軽ですが、結構量が必要になるみたいで、床下カラッとがオススメです。半永久的に使える事を考え検討してみるのもよいかもしれません。

白アリに食われ始めると数か月でも結構広がりますので早めに気づいて対策する事が被害を少なくします。

乾燥機能付き浴室暖房機

生活雑貨特集生活雑貨特集一覧へ

カテゴリから商品を探す

木材・建材
工具・金物
塗装用品
大型機械
作業用品
農業
ガーデン・園芸用品
水道用品
エクステリア
ペット用品
生活雑貨
インテリア・家具
電化製品
文具・オフィス用品
サイクル・カー用品
アウトドア用品
フラワーギフト
食品・健康用品
飲料・酒
季節用品・催事用品

PAGE TOP

店舗受取について

店舗受取OK!

店舗でのお受取が可能です。

【店舗受取についてはこちら

カスタマーセンター

よくある質問やご利用ガイドで解決しない場合は、こちらからお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

その他ご不明な点がありましたら、まずはこちらをご参照下さい。

ご利用ガイドはこちら

©JOYFUL HONDA All rights reserved. / Powered by TEAM★LAB Inc.