芝生張り・お手入れ特集

関連するカテゴリ:

芝生張り・お手入れ特集

芝生を綺麗に保つには、日ごろのお手入れがとても重要です。美しい芝生を保つために必要な作業はこのようなものがございます。

1.芝生を刈る
芝生は、こまめに草刈りをしてその背丈を抑制することで維持されます。

2.目土入れ
発芽や発根を促進させるためにかかせません。

3.エアレーション
芝の根を活性化させるための作業です。

4.除草
芝生の生育を妨げる雑草を定期的に処理する必要があります。

5.追肥
芝生にも必要に応じて、肥料を与える必要があります。


もちろん、適度な水やりもかかせません。
オンラインショップは、みなさまの芝生の管理をお手伝い致します。

「えんじょいふる」サイトの関連情報も合わせてチェック!!

芝の関連レシピはこちら

芝生を張る

芝生を張る季節は春と秋がおすすめです。夏の暑い時期 冬の寒い時期は、なるべく張るの避けましょう。

芝刈り

高麗芝は5~11月ぐらいにかけた芝刈りが必要です。長くのびてしまってからではなく、こまめに行いましょう。6~9月は芝生の成長が早いので週に1回行いましょう。

【手動式芝刈機】

【電動式芝刈機】

【エンジン式芝刈機】

芝刈機で刈りきれない狭い場所や際はハサミやバリカンがおすすめ

【芝生鋏】

【バリカン】

目土入れ

目土入れ芝生の上に3~5mmくらいの厚さで土や砂をかける作業です。目土を入れることで発芽や発根を促進させたり、表面もデコボコを直したりします。デコボコでなくなると芝刈りもしやすくなります。
作業は一般家庭の場合は数年に一度ぐらいの頻度行いましょう。作業を行う時期ですが、高麗芝の場合3~4月の芝が青くなる前に行いましょう。

エアレーション

エアレーションとは、芝生面に穴をあけることで、芝生の根に空気をおくり、芝生を活性化させることです。また、地中に空気が供給されるので、微生物の活動が活発になり、サッチや古い根の分解を促進する効果もあります。

肥料

芝生だって肥料は必要です。3~11月ぐらいまで必要に応じて与えましょう。

除草

美しい芝生を保つために除草は必要不可欠です。こまめに行いましょう。
手で抜くには限界がありその場合は除草剤を使いましょう。除草剤は必ず芝生に使用できる物を使いましょう。

水やり

芝生は乾燥しすぎても水をやりすぎてもいけません。適宜水をあげてください。

ガーデン・園芸用品特集ガーデン・園芸用品特集一覧へ

カテゴリから商品を探す

木材・建材
工具・金物
塗装用品
大型機械
作業用品
農業
ガーデン・園芸用品
水道用品
エクステリア
ペット用品
生活雑貨
インテリア・家具
電化製品
文具・オフィス用品
サイクル・カー用品
アウトドア用品
フラワーギフト
食品・健康用品
飲料・酒
季節用品・催事用品
画材・文具
クラフト素材・工具
手芸・工芸・工作・造形
額縁・掛け軸

PAGE TOP

お支払い方法

  • クレジットカード払いOK!
  • 代金引換OK!
  • 銀行振り込みOK!
  • 後払いOK!

お届けについて

商品代金合計税込10,800 円以上のお買い上げで基本送料無料です。お支払い方法や配送方法を確認のうえ、たくさん買って得しちゃおう。
※特別送料商品は基本送料無料の対象外です。

10,800円(税込)以上お買い上げで

基本送料無料

【送料・配送についてはこちら

店舗受取について

店舗受取OK!

店舗でのお受取が可能です。

【店舗受取についてはこちら

カスタマーセンター

よくある質問やご利用ガイドで解決しない場合は、こちらからお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

その他ご不明な点がありましたら、まずはこちらをご参照下さい。

ご利用ガイドはこちら

©JOYFUL HONDA All rights reserved. / Powered by TEAM★LAB Inc.